ほぼ、庭キャンプ。

キャンプ&ちょっとだけ山歩き

燕岳と大天井岳

f:id:niwacamp:20190624163651j:image

山旅の記録 no.1 「燕岳と大天井岳」2019.6.22〜23

 

 

 

 

悠久泰然とした絶景の中でテントを張って過ごしたい。そう思ってしまうとそれは下界のキャンプ場ではなく山の上。文明が極端に少ない場所。

 

北アルプスの入門的存在、燕岳(つばくろだけ)に行って参りました。登山口の中房温泉からは標高差1200mで燕山荘(えんざんそう)です。だいたい5時間弱歩けば着きますが衣食住全部詰め込んだテント泊装備のザックの重さは17キロ。これを担ぎ上げて登るのはやっぱり大変でした。

 

 

 

でも最高の雲海風景を眼前にテン泊してみたくて頑張って参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624115944j:image

梅雨真っ只中、雨予報。合戦尾根を登って行きます。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624120010j:image

合戦小屋まで登って一休み。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624115948j:image

かき揚げうどんを頂きました。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624164419j:image

岩鏡に癒されながらのんびりと登って行きます。登山口から四時間半ほど歩き…

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624172953j:image
燕山荘に到着です。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624173123j:image

山荘で幕営手形をもらって設営完了です。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 



 

 

f:id:niwacamp:20190624115951j:image

設営終わった時間が13時手前。ちょうど晴れ間も見えてきたので燕岳に登ってきます。テン場から20分かからないほどで登頂できます。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624120007j:image

何とも優美なお姿。燕岳、美しいです。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624173604j:image

山頂に向かう途中にある有名なイルカ岩です。気になったのはその左手にある岩でした。いいね👍マークに似ている…。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624173559j:image

もう👍にしか見えない。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624173556j:image

イルカさんこんにちは。

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624174136j:image

これも有名な眼鏡岩ですね。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624174130j:image

高山植物もあちこちに咲いています。ハクサンイチゲかな。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624174127j:image

コマクサです。まだ蕾ですね、

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624174132j:image

ミヤマキンポウゲ

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624174140j:image

登頂です。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624173127j:image

燕岳、ほんとに綺麗な山です。 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624173120j:image

テン場まで戻って来ました。また雲行きが怪しい。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624174719j:image

風も出てきました。稜線直下のテン場なので強風に要注意ですね。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624174947j:image

通常のペグは役に立たないので落ちてた太めの枝を雪ペグ代わりにしました。国産メーカー、アライテントは風に強いので心強いです。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624164427j:image

再び燕山荘に戻って来ました。この後は山荘でしばらくのんびりさせて頂きます。山男さん、ただいまです。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624120002j:image

燕山荘は海抜2700mにある山小屋とは思えないほど立派な山荘です。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624115955j:image

ぱんぱんに膨らんだカッパえびせんをつまみに生ビールを頂きます!

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624115958j:image

三時間ほどの間にビールを何杯かおかわりしちゃいました。僕の場合、登山というか絶景に来て呑みまくる…下界でキャンプしているのとやっていることは大差なかったりします。

 

 

 

 

 
f:id:niwacamp:20190624174906j:image

燕岳を背後に絶景キャンプ。標高差1200mを17キロのザック担いで登って来た甲斐がありました。

 

 

 



 

f:id:niwacamp:20190624213408j:image

午後6時。雨風ともに出てきました。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213404j:image

夜になるにつれて雨も本降りになりました。携帯を充電し、明朝の雲海を楽しみに眠りにつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624213909j:image

テントの外で雪を踏む足音で目覚めました。あまりに近くで足音がするので外を見てみると朝日待ちの人が立っていました。おはようございますと挨拶するとタイの方でした。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213847j:image

時計を見たら午前4時を過ぎたころ。まだ日の出まで20分ほどです。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213925j:image

とりあえず目覚めのコーヒーを淹れます。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624163542j:image

4時半過ぎ。日が昇ってきました。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213834j:image

何と美しい雲海でしょうか。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213915j:image

雪の壁にも朝日が当たって美しい。

 

 

   


f:id:niwacamp:20190624213831j:image

燕山荘に泊まってる人も日の出を迎えるために大勢外に出て来ます。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213844j:image

ゆっくり淡い朝日色に染まっていく雲海。

 

 

 

f:id:niwacamp:20190624213904j:image

雪の上のテントからその絶景をコーヒー片手に鑑賞します。なんとも贅沢な時間です。

 


f:id:niwacamp:20190624214847j:image

この光景を見たかったわけですがほんとに来て良かった。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213856j:image

雲海と反対側。槍ヶ岳や黒部五郎、双六岳鷲羽岳など錚々たる北アルプスのオールスターも朝日に染まっていきます。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213901j:image

テン場目の前の燕岳も。

 

 

 

 



 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213840j:image

朝飯食べますよ。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213922j:image

5時半。ラジオから聞こえてきた予報では午前中いっぱいは雨は降らないとのこと。ラッキー!

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213852j:image

食後のコーヒー。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213918j:image

荷揚げのヘリ。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213827j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190624213912j:image

今日は表銀座を歩いて大天井岳(おてんしょだけ)2922mまでピストンして来ます。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20190625050238j:image

テント内をある程度整理したら出発です。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050227j:image

燕山荘から表銀座縦走路を見渡します。奥にある大きな山が大天井岳2922mです。コースタイム片道三時間ほどです。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050300j:image

しばらく歩いて振り返って燕山荘を眺めます。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050347j:image

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050241j:image

鎖場。

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050342j:image

イワウメ

 

 


f:id:niwacamp:20190625050324j:image

ツガザクラ

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050256j:image

サブザックなので身軽です。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050316j:image

喜作新道のレリーフ

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050352j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050250j:image

もう一息で大天荘。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050320j:image

雲海がだんだん上がってきます。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050328j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050306j:image

大天井岳ふもとにある山荘の大天荘テン場です。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050358j:image

ここは穂高の特等席ですね。今度来よう。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050246j:image

ここも立派な山荘です。同じ燕山荘グループ運営です。有明荘も燕山荘グループ。全部良いところですね。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050338j:image

登頂!

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050334j:image

なぜか二十五円。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050231j:image

無事の下山をお祈りします。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20190625050311j:image

裏銀座縦走路の入り口、高瀬ダムが見えます。

いつかあそこからブナ立尾根を登って烏帽子岳の池のほとりのテン場でキャンプしたいです。あそこも絶景キャンプが期待できるようです。

 

 

以上、今回の山旅はここまでです。最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

f:id:niwacamp:20190625051605j:image

「トレックライズ1と燕岳」