ほぼ、庭キャンプ。

行ってみたい風景。ソロキャンプの記録。

琵琶湖畔でソロキャンプ

 

こんにちは。庭です。...というかひさしぶりにブログを書いてみました。だーれもこのブログを見に来ていないことをいいことに何の気兼ねなく書けることに気がついた訳で...。Youtubeではどこの馬の骨かもわからんような自分の動画にさえどれも1000回以上も見られているのがとても不思議だ。肩の力を抜いて前みたいに自分のキャンプ記録として、今回は一人称で書いていこうかと思います。

 

 

 

 

さて、馬の骨は滋賀県高島市へお邪魔した。ここら辺りでは有名なキャンプ場らしい。到着時にはよさげな場所は埋め尽くされていたので一番端っこの剪定木置き場みたいなところに設営した。タープを浜に、天幕は一段上の芝に張った。

 

 

 

f:id:niwacamp:20170523080230j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく浜の様子を見ていてふと思った。房総九十九里浜育ちの自分は海の波しか知らない。海には当然、潮の満ち引きがある。それがここにあるわけないとわかっていても琵琶湖って海のように大きい。波打ち際を観察してみると「ここまで波が来ましたライン」がけっこう上の方まである。スマホで琵琶湖の水位の1時間毎経過を調べると昨夜からの8時間の間に1センチから5センチほどの潮位変化があった。

f:id:niwacamp:20170523080929j:plain

 

 

 

 

 

 

ダムや湖って降雨量によって水位が大きく変化するもんだと思うんでおそらく風速や風向きで急に波が5センチくらいは大きくなるときがあるんだろうと推測。あとはこんだけ大きな湖だから多少の満ち引きはあるのかも。

 

というわけでタープも一段上に張りなおした。これで安心。

f:id:niwacamp:20170523080855j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだんと夜の帳が下りてくる。このたねほおずきは使いにくいというひともけっこういるみたいだけど絶対にこっちの方がほおずきよりも優秀だ。とにかく電池の持ちがいい。最大光度にしても二泊三日野営の間は電池のことは安心。予備電池を2回分持って行けばじつに10日間持つことになる。ソロでは自分の手元が明るければいいので最悪、非常時にはこれ一つでも凌ぐことは可能だ。レジャーしに来てるのにそれじゃ味気ないので他にもランタンは灯すけども。

f:id:niwacamp:20170523080351j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

浜辺にあった流木にぶら下げてテーブルを明るくする。

f:id:niwacamp:20170523080430j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり夜に。ソロ宴会開始。琵琶湖畔は風が強い、のか今日だけこんなに強風なのかわからんけど風に弱いモノラルはしまってファイアボックスにした。風があっても燃えてる木が横に吹っ飛んでいくことはないから煙突型の焚き火ツールは安心。

f:id:niwacamp:20170523080452j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山フライパンはいいね。何しようが焦げ付かない。見た目も渋い。こないだ地元のスポーツショップのヒマラヤに行ったら山フライパンの色が変わってた。シルバーに。個人的にはこっちのゴールドのほうが好きかな。

f:id:niwacamp:20170523080528j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は白ワイン。酒屋に寄ったら久々にリースリングをみつけた。シャルドネばっかりだとつまらない。ほんのり甘い辛口(どっちじゃい)。やっぱリースリング最高。7年前、ドイツに行ったときに初めてリースリングに出会った。それから白ワインの魅力にちょっとはまる。おいしいね。

f:id:niwacamp:20170523080606j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~。夜のファイアボックス。いいね。ちっちゃい焚き火って味がある。

f:id:niwacamp:20170523080631j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝。薄曇り。

f:id:niwacamp:20170523080709j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦国時代に信長が安土城を建てたのって確か琵琶湖だったような。毎日この穏やかな風景を眺めていたんだろうな。延暦寺でのホロコーストやら無慈悲な戦いの繰り返しの中、この穏やかな景色を見て何を思ったんだろう。人の歴史は戦争の歴史というけど、今も昔も何も変わってないね。治世と乱世が交互にやってくる。乱世には信長や曹操のような破天荒な英雄が現れて初めて次の治世への兆しが見えてくるわけだけど、現代にそんな乱世の英雄がいるだろうか。なんてどこかの本に書いてあったようなことを妄想したりして。

f:id:niwacamp:20170523080728j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例朝珈琲。

f:id:niwacamp:20170523080754j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

缶づめをあっためる。

f:id:niwacamp:20170523080817j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の自営業はなんとか順調だけど厄年(前厄)を迎えて体にがたが色々とき始めている。最近20年ぶりに入院もした。不自由になると健康のありがたさを痛感するね。ましてレジャーなんて夢のような話だと思ったけど何とかまたキャンプすることができてほんと嬉しい。いい所だった。牛ガエルがずっとグェ~グェ~鳴いてたこと以外は快適だった。

f:id:niwacamp:20170523080952j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

動画アップ↓

 


琵琶湖畔でソロキャンプ