ほぼ、庭キャンプ。

行ってみたい風景。キャンプの記録。

粕川オートキャンプ場

 

岐阜県西濃にある予約不要通年無料のオートキャンプ場として有名な「粕川オートキャンプ場」。今夜はここ。ここもよく利用する。夕方に出発したため夜の設営となった。

 

f:id:niwacamp:20160804220506j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんのりとした灯が好きなプリムス。今夜は赤ワイン。

f:id:niwacamp:20160804220559j:plain

 

 

 

 

 

 

適当に酒の肴をこしらえる。ケイチャンを炒め茄子をゆでる。

f:id:niwacamp:20160804220638j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで夜も更けて行く。

f:id:niwacamp:20160804223103j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

朝5時。まずは一服。

f:id:niwacamp:20160804220721j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は暗くて見えなかった景色。やっぱりここはいいところだ。

f:id:niwacamp:20160804220809j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

珈琲を淹れた。

f:id:niwacamp:20160804221112j:plain

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、ほおずきはホントにいい。これだけで十分ソロの夜は明るい。タ―プにひっかけて使っている。

 

f:id:niwacamp:20160804220941j:plain

store.snowpeak.co.jp

 

 

 

 

 

朝飯作る。

f:id:niwacamp:20160804221029j:plain

 

 

 

 

 

今日の朝飯は

f:id:niwacamp:20160804221202j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適当ガパオ。卵忘れた。

f:id:niwacamp:20160804221249j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝7時。

粕川はたいてい風が強い。夜の山風が谷風に変わった。タ―プの向きを反対にせねば。

f:id:niwacamp:20160804221344j:plain

 

 

 

 

 

配置換え完了。テントは仕舞った。

f:id:niwacamp:20160804221545j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏らしくカップアイス。

f:id:niwacamp:20160804221445j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

このタ―プの風合いはほんとに好きだ。さて粕川を後にしてすぐ近くの名湯に向かうとしよう。

f:id:niwacamp:20160804221639j:plain

 

粕川オートキャンプ場

完全主観評価  A

まったく予約不要かつ無料のキャンプサイトでここまできっちりと整備されていることに毎度感心させられる。利用者のマナーもきちんとしているのだろう。ただ直火禁止・花火禁止を無視したキャンパーは散見されるようだ。川向うの住宅地の方々の静かな暮らしを維持するためにも立て札にある禁止事項はきっちり守って行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次の目的地はキャンプ地から近い。ひとっ風呂あびてさっぱりしてから帰る。

yugenosato.com

f:id:niwacamp:20160804221920j:plain

揖斐川町特産「いび茶」の茶畑。

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ場から車で5分。ほんとに近い。風呂から濃尾平野を見渡せる。

f:id:niwacamp:20160804221825j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっぱりして帰宅。最高。

f:id:niwacamp:20160804222133j:plain