ほぼ、庭キャンプ。

キャンプと山歩きを少々

雨上がりの北八ヶ岳

 

秋雨前線が停滞する9月9日。八ヶ岳を歩きに行った。

 

 

八ヶ岳は夏沢峠を境に北八ヶ岳南八ヶ岳に分けられる。

 

山岳地帯の南八ヶ岳、深い森の北八ヶ岳

 

 

 

前日までの雨がひと時上がり、雨粒の雫を纏った無数の苔床を鑑賞しに北八ヶ岳の深い森の中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913110646j:image

朝6時のまだ薄暗い森の中。

 

[もののけの森]と名の付いた深い森。どこまでも苔。

 

およそ500種もの苔がここ北八ヶ岳に植生している。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913110912j:image

気のせいではないと思う。標高2000m上の針葉樹林帯の深い森の中はシャープな空気に包まれている。香り高いというか…深呼吸したくなる場所だ。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913110910j:image

シラビソとコメツガ、そしてたくさんの種類の苔床。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913110915j:image

セイタカスギゴケ床を接写。徐々に太陽の光が森にも入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913111444j:image

チシマシッポゴケだ。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913111439j:image

ウマスギゴケ

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913111717j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913111720j:image

シラビソの幹に張り付いたカギカモジゴケ

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913111715j:image

すっかり明るくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913105531j:image

さらに森の奥へ進むと

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913114644j:image

木道の先に湿地帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913114641j:image

ここにも苔群。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913114647j:image

湿地帯の奥へ。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112048j:image

[にゅう]への分岐点。

よく見ると誰かが薄く「ゅ」を書き足してくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112045j:image

森を抜けると視界が開けて岩陵帯に変わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913112243j:image

目の前に雲海が広がる標高2352m[にゅう]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112241j:image

眼前を大きな雲海が流れて行く。凄いスケールだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913112339j:image

スタート地点の白駒池が見える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913112449j:image

にゅうを降りて中山峠分岐を目指す。ところどころに台風の爪痕。完全に登山道を塞いでいる。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112452j:image

中山峠分岐を北に折れて中山に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913112648j:image

着いたけれど

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112645j:image

ガスって眺望なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913112815j:image

中山を後にして高見石を目指す途中は大きな水溜りが数箇所。避けて歩くのは困難。

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112818j:image

マックパックのゲイターを履いておいて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913112812j:image

水溜りと格闘しつつ休憩など挟み、ようやく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913113126j:image

高見石小屋が見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913113123j:image

小屋脇の岩を登って高見石の上に。カメラを取り出して…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913113120j:image

岩の上から白駒池を撮影。だいぶ戻って来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913113349j:image

北に目を向けると遠くに雨池が。

次回はもっと北に行こうか。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913113347j:image

白駒池に戻ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:niwacamp:20180913113358j:image

白駒池青苔荘のキャンプ場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913113352j:image

木道を駐車場に向けて歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180913113355j:image

無事下山。

 

 

朝6時スタート、11時過ぎ下山。

5時間のトレッキング。苔の森、にゅうの雲海、高見石からの白駒池。

 

 

爽快な景色に大満足。

ありがとう八ヶ岳

 

何より無事下山できたことに感謝。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180913113755j:image

今回登った[にゅう]は天狗岳の北。

天狗岳にもいつか行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人の山歩き記事に最後までお付き合い頂き感謝です。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ひるがの高原弾丸ソロキャンプ

7月12日夕方5時すぎ。今月下旬に予定していた無印良品南乗鞍が仕事のスケジュールの変更によって行けないことになり…( ;∀;)

 

今月の予定をどう見回してもソロ行ける日はそうそうなさそうだ。

 

となれば今からすぐにでも準備して明日の朝に撤収して仕事に戻る弾丸キャンプだ。

 

 

ツベコベ言っても始まらない。

思い立ったが吉日。

 

道具は先日準備してある。

 

 

一旦市内に向かい給油とスーパーでの買い出しを20分で済ませて東海北陸道に乗った。

 

 

 

向かった先は自宅から80キロほど。片道一時間ちょっとにある「ひるがの高原キャンプ場」。

 

 

 

 

標高1000m弱のひるがの高原。

f:id:niwacamp:20180713110231j:image

 

 

 

 

 

先日の豪雨で全国最多の1000mmを超える雨が降ったひるがの。一部通行止めの東海北陸道荘川インターまで通行出来ている。(※7/13全線で復旧しました)

 

 

ひるがの高原SAスマートICから降りて牧歌の里を横目に一路キャンプ場へ向かった。※画像は帰りに撮影したものです。

f:id:niwacamp:20180713110604j:image

 

 

 

 

 

 

 

ひるがの高原キャンプ場は高原と名の付くものの実際には高原というよりは林間キャンプ場。下界よりは5〜8度低い。いわゆる避暑地だ。

 

林立する杉林に囲まれたサイトや大きな広葉樹が揺らめくサイトで悠々自適なオートキャンプがサクッと楽しめる。

 

 

 

到着したのは午後7時過ぎ。日はまだあるけど林間サイトはもう薄暗かった。車のルーフレールにルーメナー7を括り付けてサイトを照らしながら設営した。

f:id:niwacamp:20180713110804j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180713111028j:image

しばらくすると羽虫がちらほらと灯りに集まってきたのでさっそく森林香を焚いた。この虫取り線香、かなり強力。モクモクと煙が立ち上って周囲に虫がいなくなる。焚き火を焚けばさらに効果的。やっぱり虫は煙を嫌がるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180713111220j:image

火をおこしてタークで肉を焼いた。今夜はオージービーフ。安物だけどタークで肉を焼けることが嬉しい。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180713111800j:image

地ビールを呑みながら焚き火。夕方に急に思い立ってひるがの高原にやってきた割には結構楽しめている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718193615j:image

やっぱりここは落ちつく。他県の人はここへ来るのも大変な労力が必要かもしれないし、その価値は十分にあると思う。たまたま岐阜の人間だったから近い訳だけど、とても贅沢なことだと改めて思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718194052j:image

これまでの事。これからの事。

 

ソロキャンプなら火の爆ぜる音だけを聞きながらどんな事でもどこまでも思いを巡らせる事が出来る。

 

 

今回深夜の焚き火に思ったことは…時間の速さだ。

 

ついこの前に30歳になったばかりと思っていたらもう今年40になってしまった。きっと50もすぐにやって来る。そしたらあっという間に還暦だ…。

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180720181249j:image

「今を存分に生きよう」

 

ただ一人、闇夜に火を焚き、深く酔いながら物凄く遠いものと考えていた60歳の自分へ思いを馳せてみたりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝5時。

f:id:niwacamp:20180713111736j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180713111851j:image

また当たり前のように朝が来た。

とても清々しい朝の杉林からの木漏れ日。昨夜は日付が変わった事も忘れて呑んだくれていたようだ。それにしては二日酔いもなくスッキリとした朝だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718195002j:image

昨夜から点けっぱなしのランタン。タンク満タンで丸二日持つというスペックはどうも本当のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718195831j:image

今回も熱源は焚き火しかない。火を起こさないと何も始まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718195950j:image

そうそう。この斧。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718200042j:image

ご存知、スウェーデンの名斧グレンスフォシュのアウトドアアックス。これはほんとに買って良かったものの一つ。初めて手にしたときサイズ感、バランスともにこれまでの斧を完全に凌駕していた。バトニングする必要がなくなる…くらいナイフの出番が減った。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718200516j:image

火が安定してきたところでお湯を沸かそうか。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718200626j:image

朝の森珈琲はやっぱり美味い。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718195203j:image

朝メシはバウルーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718195324j:image

今朝は飛騨牛まんをバウルーしてみようと思う。ほんとならセパレートじゃないバウルーを持ってくるべきだった。どうせ割って食べるんだからいいか。

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718201046j:image

直火に突っ込んで焼くってのが気持ちいい。

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718201145j:image

さてどんな仕上がりか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718195629j:image

カリッとして肉はジューシー。

ゆるキャン△でリンちゃんがやっていた豚まんだか何かをこうやって挟んでいたのを真似したくなったわけで…。

 

確かに美味い!

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718201404j:image

朝7時。すっかり日が昇ってるけど杉林のサイトは程よく木陰があって心地良い風も通り過ぎて行く。ひるがの高原キャンプ場が好きなのはこの爽やかな朝。何度でも来たくなる。

 

 

ここより標高が600mほど高い南乗鞍は日差しを遮る木陰がサイトによってはない。ひるがの高原キャンプ場はどのサイトも高い樹木によって直射日光にさらされることはない。

 

真夏の避暑地としてこれほどのグッドロケーションは他にないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718201923j:image

爽やかさも相まって朝メシもバンバン進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718202013j:image

ひるがの高原ソーセージ。

行きがけのSAで買ったもの。安定のジューシーさ。直火タークで旨味も全部引き出されてるかな。とにかく美味かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180720062055j:image

食後も静かに焚き火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718202524j:image

午前8時。

 

弾丸な割に今回も充実した。

 

9時には工房に戻って仕事だ。そろそろ撤収しよう。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718202710j:image

片道一時間にこんな素晴らしいキャンプ場。

 

ほんとに贅沢だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718202814j:image

また来よう。

ありがとうひるがの高原。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180718202859j:image

最後まで閲覧頂きありがとうございました。

またどうぞ当ブログにお越しください!

 

[ひるがの高原弾丸ソロキャンプ/完]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のキャンプ準備

 

f:id:niwacamp:20180629150344j:image

道具は何を持って行こう。

 

次のスタメンを決めるこの作業が楽しい。

 

水2リットル、携帯ラジオ。

 

 

皿はスノピのチタン平皿一枚。

 

焚き火料理メインだけど大雨のとき用の熱源にトランギアのアルスト一式。

 

オピネルの9番。

 

開田高原で拾った木を加工したコースター。

 

アウトドア雑誌の付録のミニまな板。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180630090633j:image

ファイアボックスは使う使わない関係なくいつも持って行きます。最近はアルストの五徳にしてます。大きい焚き火をする気分じゃない朝はこっちで焚き火してます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180630112214j:image

朝飯はやっぱりバウルー。焚き火しながらボリュームがあるさくさくアツアツホットサンドが簡単に出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは…一番好きなキャンプ道具のユーコキャンドルランタンと専用のリフレクター。

f:id:niwacamp:20180630090822j:image

 

 

 

 

 

 

焚き火台はA4くん。

f:id:niwacamp:20180630090958j:image

 

 

 

 

 

 

 

モーラガーバーグに…。

f:id:niwacamp:20180630091119j:image

 

 

 

 

 

 

ハルタフォース。かなりテキトーに研ぎ直してからの…

f:id:niwacamp:20180630154932j:image

 

 

 

 

 

椿油塗っておきます。

f:id:niwacamp:20180630155018j:image

 

 

 

 

 

 

あ、救急道具バッグは車に常備してます。マダニ対応のディート入り虫除け、スズメバチが多いのでポイズンリムーバーは必携です。ハサミのとなりにある黒いやつ、とげ抜き。酔っ払って薪を焚べようとしたときにちっちゃなとげが刺さったりしますよね。そんなとき重宝します。

f:id:niwacamp:20180630101327j:image

 

 

 

消火スプレーも車に常備してあり、いつも焚き火の側に置いてます。缶は灰炭入れです。撤収の際に残りカスを集めて持ち帰ってます。甲子園の砂の気分です。

f:id:niwacamp:20180630101442j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180630091220j:image

朝のコーヒー道具。

 

準備がまた楽しいですね。

 

 

色々並べてみてからNTボックス二つに入るだけに絞り込んでいく。

 

アレもコレもの正反対…どこまで持っていくものをシンプルにできるかを考えるのが好きです。勝手に自分で制限設けてるだけなんですけどね。ルール決めると外遊びは楽しさが増すような気がします。

 

 

f:id:niwacamp:20180630113001j:image

ソロのオートキャンプって載せようと思えばいくらでも載るじゃないですか。ファミだとそもそも満載で本気で絞らないと人も荷物も乗らなくなったりしますよね。その反動でソロになると空いたスペースに色々予備、予備、予備って持って行って現地着いてまるで統一感のないサイト作っちゃったりしました。

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180630091944j:image

出発前にサイトのイメージを作った上でシンプルに絞った道具だけ持って予備の予備は置いて行くようにしてからは設営も撤収もだいぶ楽になりました。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180630092310j:image

それに一番お気に入りの道具だけを使ってシンプルに調理した焚き火料理ほど美味いものはありませんよね。火の中にターク突っ込んでジュワっと焼いて皿に盛らずにそのまま頂く。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180629151241j:image

今回もターク中心で行こうかと思います。ユーコ のメンテナンスもしとかなくちゃ。チビチビと準備しているときのキャンプサイトの妄想感がたまらなかったりします。

 

ともあれ…今からとっても楽しみです!

 

 

 

 

パンダtcでタカソメキャンプ

f:id:niwacamp:20180615184752j:image

「晴れのち曇り、翌朝から小雨がぱらつく」

 

ラジオからは天気下り坂の予報。中央道岡谷ジャンクションから北上していく空はまだ快晴です。月一のソロキャンプ。今月は一度行っておきたかったキャンプ場の一つ、松本市奈川にあるタカソメキャンプ場に向かっております。今年は御嶽から乗鞍岳周辺エリアばかり行ってる気がします。春に家族で行った日和田高原も近いと言えば近い所にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616085123j:image

無印良品南乗鞍キャンプ場のある「子の原高原」は乗鞍岳を挟んでタカソメと反対の南側。標高は無印の方が1600m弱なのでタカソメより400mほど高い。乗鞍岳までの距離はタカソメの方が近いのでダイナミックな乗鞍ビューが楽しめます。ちなみに無印良品南乗鞍キャンプ場は今シーズンまだ営業開始していません。子の原高原一帯の水道管が工事中のようです。7月中旬からオープン予定らしいので来月は無印に行こうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615184741j:image 

梓湖あたりから曇り空になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615184733j:image

この看板から少し登って行くとタカソメキャンプ場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615184738j:image

キャンプ場入り口。

 

白樺林が美しいですね。

 

 

6月中旬。昼25度でも夜は10度前後まで下がりました。標高も同じくらいで綺麗な白樺林に池があって雰囲気は去年行った八千穂高原の駒出池キャンプ場にちょっと似てるかも知れません。あまりに壮大なスケールの八千穂高原の白樺群生地に圧倒されたことを思い出します。タカソメの魅力はやっぱり迫力の乗鞍岳ビューサイト。周りに素晴らしい温泉が沢山あるのでここでキャンプしながら温泉巡りってのもありですね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615184730j:image

ここが管理棟です。

 

サイト管理もしっかりしていてサニタリーやトイレも清潔。料金も安い。おススメのキャンプ場です。チェックアウトが14時。のんびりできますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615185957j:image

タカソメの魅力は迫力の乗鞍岳ビューサイト。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616090259j:image

受付でキャンプ料金を支払うと管理人さんに場内のマップを手渡されました。

「一回りしてどこにするか決めて来て下さい。今日は今のところお客さん含めてソロ二人だけだからどこでもいいですよ!」

とのお言葉を受けて車で場内の散策へ。

 

乗鞍岳ビューの池周りサイト以外にも白樺に囲まれた綺麗なサイトが沢山ありました。

 

 

 

 

 

しかしここでアクシデント!

 

 

一段上のサイトに行く小さな急勾配カーブを登りきるちょっと手前まで来てスタックしちゃいました。登り切るのは無理。バックで下がりました。でもカーブがきつくて先が見通せません。道幅も狭くて一発で降りるには運転技術不足のため何度か降りて目視してはバックしてを繰り返しました。半分まで降りました。しかし…ついに後輪が山の斜面ギリギリまで来ました。これ以上のバックは危険と判断。一旦落ち着いて脱出方法を考えることにしました。

 

急勾配カーブ手前の平地まで歩いて戻ってみると小さい看板が…。

 

 

「ここから先は4WDのみ」

 

そうですよね。僕がバカでした。認めます。

反省したところでとにかく自力で脱出できる方法を考えました。

 

ここで人生初のJAFのお世話になるわけには…。

勾配がきつく小さくカーブしています。そのせいで一度登って切り替えさなければ下の平地まで降りれません。

何か使えるものはないかな。

 

1メートルだけでも登り返すことができればハンドルを縦に戻して下がって行ける。

 

この柔らかい土の砂利道で前輪が空回りしないようにできればいいはず。

 

 

 

そこで受付でさっき買った薪を使うことに。

 

 

 

とりあえず前輪のタイヤ後方にそれ以上落ちて行かないように車止めとして薪を一本ずつ噛ませました。

 

 

次にスタックしてえぐっている砂利道の浮石や柔らかい土を全部取り除きました。

 

 

そこに10センチくらいの間隔で薪を土と石で固定しながら埋めていき前輪が空回りせずに登って行けるように1メートルくらいの薪による即席レスキュー道を作りました。

 

 

上手く行けばこれでここから脱出できるはず…。

 

 

サイドをゆっくり引下げながらアクセルをじわじわと踏み込みます。マニュアルの坂道発進みたいに。

 

 

車はしっかりと薪の道を登ってくれました。1メートルほど登り返してそこからハンドルを切り返してまっすぐバックで平地まで降りていきました。

 

 

何とかJAFのお世話にはならずに済みました…。良かった良かった。。

 

埋めた薪を掘り返して道を元に戻してほっと一息です。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616092347j:image

そんなこんなありながら結局、乗鞍岳ビューサイトの4番サイトにお邪魔しました。ここぞタカソメっていうサイトはやっぱりここらへんの一桁台サイトでしょうね。乗鞍岳を眺めながらのんびりと過ごせます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616093147j:image

今日のタープもゴートレンジ。

安物だけどかなり使えますよ。使えなくなったらまた買い替えるつもりでタープ下でガンガンに焚き火してますが今のところ無傷です。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616093152j:image

ちょっと雨が降って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615190557j:image

林の中で長めの枝を拾ってポール代わりに。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615190607j:image

ちなみにメインの明かりは今日もたねほおずきです。明る過ぎず暗過ぎず。僕のようなソロのオヤジには丁度良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615190554j:image

サイトを横切るようにパラコードを渡しました。このコードにタープから引いてきたコードを結びます。

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615190601j:image

その中間に2m20cmくらいの枝をかませました。これでたねほおずきの真下のスペースが高く跳ね上がりました。直接タープにポール立てるとポールが邪魔だったのでこうしました。こういうの考えるのって楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615191501j:image

跳ね上げたたねほおずきの真下らへんで焚き火しながら過ごそうと思います。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615192224j:image

一番好きなキャンプ道具、ユーコに火を入れました。このユーコちゃん。たまに3時間くらいしか持たないことがあったんですがその原因が前回のキャンプから帰ってメンテナンスしているときに分かりました。何ともおバカな原因でした。蝋燭台の小さな皿の向きが上下反対。溶け出した蝋燭がそこで溜まって消えてしまっていました。皿が下を向くように、つまり蝋燭を皿の底側に載せないと9時間燃焼しないことに初めて気づいたわけです。お馬鹿ですねー。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615192219j:image

ちょっと小洒落たことを…。枝を立ててぶら下げてます。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616102341j:image
ユーコちゃんに火が入るとサイトに温もりが広がる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615192215j:image

さて今回はガスバーナーもアルコールストーブも持って来てないので熱源は焚き火しかありません。家にあえて置いて来ると身が引き締まりますね。車に積んでおけば保険になりますがほんとに持ってきませんでした。火を起こさないと何も始まらないという緊張感とワクワク感がたまりません…。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615193418j:image

フェザースティックを3本と小割を多めに作りました。いよいよマッチで着火です。

 

 




 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615192939j:image

上手く燃えてくれました。ここから油断せずにどんどん小割を継ぎ足します。…カメラの焦点を火に合わせると周りが真っ暗に写りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615191913j:image

今回持ってきた調理器具はこのカンティーンと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615192055j:image

タークフライパン、それと朝食用にバウルーの3つだけです。今までの自分のキャンプを振り返ってみて一番使ってるのは大概これだけだったのでそれじゃあという事でこれ以外は全て家に置いて来ました。最近、制限があった方が何だか楽しく感じてしまいます。大した制限でもないですけど荷物が減って気が楽になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

f:id:niwacamp:20180615193112j:image

蚊はいませんでしたが念の為に森林香焚きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615193216j:image

辺りは闇に包まれ…

焚き火も完璧に出来上がったところで

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615193228j:image

まずはいつものやつを一本

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615193224j:image

いっときます!

乾杯!

 

 

今夜はスタックアクシデントも乗り越えて…この一本目の美味さも倍増です。

 

当たり前だけど他人のスタック話を聞くのといざ自分がスタックするのでは大違いでした。いざああなったときに焦らずに落ち着いて考えるのは大事ですね。というかFF車で細い急勾配に入るなってことですね(涙)。反省してます。

 

  焚き火を眺めながら今年前半を振り返ったりしました。そう言えば今年初のキャンプは雪中での年越しでした。もうあれから半年近くも経つんですね。早いもんです。そのときの様子は動画に収めてありますので良かったら観てやってください。


初めての年越し雪中ポンチョ泊

 

 夜中は氷点下まで下がったんです。今はもう日中真夏日ですね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615211402j:image

今年前半を振り返りつつ焚き火料理をこしらえます。

 

今回はかなり奮発して飛騨牛ステーキです。ガーリックスライスと一緒に焚き火で焼きました。美味い!美味すぎる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615211727j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615211847j:image

道中に買った安曇野ベーコンを塩胡椒で焼きました。これも美味‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615211850j:image

夜が深まっていきます。

 

静かに焚き火ってやっぱりいいなぁ。

バチっと爆ぜる音。


辺りは真っ暗。

浮かび上がる暖色のサイト。

たまに聴こえる動物の鳴き声。


全部癒しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615212157j:image

静かなタカソメの夜。酒と焚き火。

 

今の自分にとって最高のシチュエーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615212149j:image

もしファミキャンだらけの中で、はたから見たら一人でキャンプしてるオッサンの光景って…きっと不可思議なもんでしょうね。じーっと焚き火してるわけです。一言も発せずに。

 

 

「ママ〜あのおじさんなんでひとりなのぉ」

 

「しっ!聴こえるでしょっ!」

 

 

 

オヤジのロマンはキラキラキャンプとは正反対のとこにある…とかないとか。

 

煌々としたら灯り…要りません。

お洒落な木製インテリア…要りません。

 

 

 

これっくらいの焚き火とデイツとユーコちゃん。それにたねほおずき一個くらいの灯りがオヤジには心地良いんです。

 

ぼけーっと焚き火しながら物思いに耽る。

 

月一のこの時間が何より日常のエネルギーであります。

 

 

 

 

今夜のタカソメはソロ二人だけ。そのもうお一方とちょっとだけご一緒させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180615212555j:image

ハンモック野営スタイル。渋い。渋すぎる。これぞ漢の憧れですよね。地べたで直火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615212552j:image

ベーコンとソーセージを直火で燻す風景。たまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180615212558j:image

色々とお互いの来し方話をさせて頂きました。

 

見ず知らずのたまたま今夜タカソメに居合わせたソロ二人で焚き火語り。

 

なかなかないことですよね。

 

 

初めてここで会った人と焚き火を囲んでいろんな話をする。こんな日があるからソロキャンプって楽しいんです。

 

 

 

 

 

とても良い思い出になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616105052j:image

自分のサイトに戻って深夜3時近くまで焚き火しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616105048j:image

夕方点火したユーコちゃんもそろそろおやすみに近いようです。

 

 

今夜は…この辺でテントに潜ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616105548j:image

朝。

 

もう8時。結構寝てしまいました。

雨は降ってませんが空はどんよりしてます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616110007j:image

ひとまず火を起こして湯を沸かします。

 

 

 

 

 

今朝の目覚めの一杯は初めて紅茶にしてみました。フランスパリであちこち見かける紅茶のブティック、クスミティー。何でもロシアのクスミチョフさんの作った紅茶ブランドとか。

f:id:niwacamp:20180616110434j:image

※写真は借り物です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616110137j:image

嫁友達のフランス土産で紅茶を一杯。

たまには紅茶の朝もいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616110129j:image

もっと小洒落れたポットとティーカップとか使うんでしょうけどオッサンはいつものやつで淹れます。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616110133j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616110141j:image

おお、いい香りしてますね。

昔のロシアの貴族御用達だったそうです。クスミチョフさん、頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616111145j:image

朝メシは最近こればっかり。バウルーでホットサンドです。

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616111142j:image

直火に突っ込んじゃいます。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616111138j:image

安定のサクサクサンド。

タイムセールの百円食パンが激ウマサンドに。

 

中身はハムチーズです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616111445j:image

しばらく焚き火を楽しんでいたら10時半です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616111724j:image

ちょっと早めの11時に昼メシ作り開始です。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616111720j:image

パスタを直火で茹でて…

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616111729j:image

ニンニクとバター、エクストラバージンのオリーブオイルで和えて塩胡椒、鷹の爪、ミニトマト、名前のよくわからない野菜をいっぺんにぶっこんで軽く炒めて適当男前パスタの出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616112204j:image

ちびちびとお片づけをしながら

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616112147j:image

たまに紅茶を飲んで景色を眺め…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616112200j:image

そろそろいい時間になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:niwacamp:20180616112153j:image

タカソメ、良いところでした!

また来ます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180616112645j:image

今回偶然ご一緒させて頂いたノブさん(右)と記念撮影です。僕は左、今更で申し訳ありませんが私の本名はじめです。もしキャンプ場で見かけたら声かけてやって下さい^_^

 

 

今回も最後まで拙い記事にお付き合い下さいましてありがとうございました。ノブさんまたどこかで焚き火酒しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンダtcで平湯キャンプ

f:id:niwacamp:20180517161404j:image

今年もやって参りました平湯キャンプ場。標高1300mの温泉三昧キャンプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517161536j:image

まだ山桜が咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517161630j:image

今年の平湯キャンプは龍太郎とのデュオキャンプ。ダブルでパンダtcです。龍太郎は明日仕事があるので明朝4時起床、撤収予定の弾丸キャンプ。晴れ後曇り、明朝雨予報なので念の為タープ張りました。僕は安物の4000円弱の中華タープ、龍太郎はタトンカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517162958j:image

ゴートレンジと読むんでしょうか。張り綱のグロメットは安物ゆえのチープさを感じますがモンベルのミニタープくらいの大きさでこの色合いが良かったので買ってみた次第です。今シーズンくらい持ってくれたらラッキーかなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517162352j:image

僕のパンダtcはポールを5センチカットしているのでちょっとだけシルエットが低めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517163632j:image

風が吹くとサイトの木々から花弁がひらひらと降ってくるのでタープが役に立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517162008j:image

新緑のシャワーが心地よい平湯キャンプ場。若葉の頃になると毎年ここに来てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517162928j:image

今回のキャンプは焚き火とアルストのみ。文明の利器は家に置いてきました。たまにはキャンプの醍醐味、不便さを味わうことにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517163602j:image

設営後の腹ごしらえはスーパーで買っておいた90円の即席麺です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517163822j:image

回を重ねるごとに龍太郎のキャンプ道具が増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517163933j:image

薪割りを終えていざ温泉へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  f:id:niwacamp:20180517164012j:image

昨年と同じ。またここです。

寸志を入れて入浴。ここもひらゆの森も平湯キャンプ場も全て同じ経営者だそうです。本当に有り難い。感謝感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517164125j:image

ボイラー設備がない源泉掛け流し。温いときも熱いときもある。そこがいい。熱いときは加水できるように緑のホースがあります。ちなみに今回は2回入浴して2回とも温めでした。自然味たっぷりで大好きな湯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517164329j:image

風呂からキャンプ場に戻って焚き火開始です。

御嶽山近くの道の駅で購入したファットウッドで火を点けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517164527j:image

薪はキャンプ場内にチラホラと落ちてました。ミズナラなどの硬い木ばかりでした。硬い広葉樹は火待ちは長いんですが焚き付けや調理には火持ちはしない代わりに火力のある針葉樹が重宝します。一束だけ受付で焚き木を購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517164811j:image

焚き火は本当に楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165319j:image

麦とホップで乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165358j:image

タークで焼くローストビーフ。これは美味かった。久しぶりに「旨い!」と叫んでしまいました。勿論、龍太郎にもお裾分け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517164904j:image

ひたすら無心に焚き火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165002j:image

一番好きなキャンプ道具、ユーコ。毎度毎度メンテが必要なだけに愛着も湧きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165137j:image

龍太郎はニューアイテムの羽釜で飯炊き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165229j:image

たまには赤ワインもありですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165841j:image

今夜も焚き火と酒に酔い痴れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517165926j:image

龍太郎から長野土産、ジンギスカン頂きましたんでタークで焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170016j:image

羽釜で炊いた米も頂いてジンギスカン丼。美味かったです。ありがとう龍太郎!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170108j:image

夜も深まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170139j:image

ひたっすら酒と焚き火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170222j:image

龍太郎は鰯を炭焼き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170302j:image

日付が変わったころにテントに潜って寝ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170347j:image

朝7時。

まだ雨は降ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170434j:image

龍太郎は早朝に撤収、仕事に向かったようです。朝からはソロキャンプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170551j:image

火を起こして珈琲を淹れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170639j:image

マンダム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170704j:image

朝は野菜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170738j:image

チーズとキノコハンバーグでバウルーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170828j:image

ジュワ〜っとうまそうな音。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170908j:image

サクサクジューシーで美味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517170946j:image

食後は焚き火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517171101j:image

男のロマン、キャンプツール写真です(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517171209j:image

撤収まで天気は持ちそうなのでタープとりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517171248j:image

晴れ間も出てきて開放的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517171321j:image

時間の許す限り焚き火して帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180517171449j:image

また来たいと思います。今回もありがとう、平湯キャンプ場!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の墓の木

2018.4.19-20 富山県入善町墓の木

f:id:niwacamp:20180420192824j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165032j:image

Youtubeの動画撮影をして以来、久しぶりにここへやって来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165201j:image

墓の木自然公園。前回来たのは一昨年の冬でした。そのときは完ソロでしたが今回は暖かい春、数組いらっしゃっいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165419j:image

パンダtcの設営を済ませると白鷺が川を歩いていました。ん?通気ベルクロやり忘れてますね。通気口はそれでもなぜか開いてますが。もしや形状記憶⁈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165616j:image

薪割りします。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180425083553j:image

焚き付け用に檜の細割、火力を上げる用に杉、火持ちさせる親木に楢の太割をそれぞれ準備しました。夢中になって薪割りやらバトニングしていたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165735j:image

いつのまにか日が落ちてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165817j:image

焚き火の準備を終えたころには…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165901j:image

すっかり夕方になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420165945j:image

今回はこんな新アイテムを持って来ました。ルーメナー7というLEDランタンです。大きさは8センチ四方くらいでしょうか。重さは持った感じ200gちょっとだと思います。スペック見るの面倒なので直感です。ほおずきより数段上の明るさと持続力。これはおススメです。昼間色の白、暖色系の明るめオレンジを数段階調節できます。バッテリーの供給も可能ですので携帯電話などを充電したりもできます。暖色の温かみはほおずきの方が落ち着く雰囲気です。調理など手元に明るさがいるときは抜群の光力を発揮します。僕は基本的に仄暗いサイトが好きです。焚き火やユーコの蝋燭にたねほおずき一個の灯りの組み合わせが定番です。でも酒のあてを作るときにクーラーバッグやらシェルコン25の中身をガサゴソと闇の中探したりするのがちょっと問題でした。そんなときルーメナーを点灯させてます。ほとんど昼間みたいに明るくなります。ファミリーキャンプのときにはデカいベル型テントでもこれ一個で十分ですんで重宝してます。ガソリンランタンみたいに危なくないのでチビが触っても平気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170209j:image

…焚き火開始!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420204037j:image

今宵も炎に酔いしれます。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170246j:image

ビール開始!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170323j:image

今夜は真鰯の塩焼きから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170400j:image

大好きな時間。焚き火がしたくてキャンプしてるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170513j:image

三日月も顔を出してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170555j:image

A4くん、ほんとに良いですね。

焚き火好きが作った焚き火好きのための焚き火台。シンプルながらほんとに焚き火が好きな人が作った焚き火台だなと改めて実感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420180533j:image

時間の経過を一切忘れて焚き火しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170635j:image

時折バチっと爆ぜる音、川のせせらぎの音。それ以外何も聞こえない静かな墓の木の夜。夕方から深夜までずっと焚き火していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170818j:image

テントにもぐって眠ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170908j:image

朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171034j:image

緑の中で迎える朝は格別です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171133j:image

朝の焚き火開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420194159j:image

朝も焚き火に夢中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171200j:image

珈琲を淹れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171246j:image

今回も思う存分焚き火を楽しめました。大満足です。また来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171339j:image

帰りの道中、釣りバカ日誌のロケ地によって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171534j:image

ロケ地を歩いてみたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171427j:image

釣り人を遠目に写真撮ってみたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171644j:image

埠頭を歩いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171719j:image

お湯を沸かし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171739j:image

お昼ご飯を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420171808j:image

という感じの春の富山旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180420170400j:image

また秋にでも来れたらいいなと思います。記事を読んで頂きありがとうございました。

 

 

NIWA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良一人旅

f:id:niwacamp:20180418084659j:image

昨年初夏。初めて東大寺に行ったときの旅を記事にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418084823j:image

自宅のある岐阜からは4時間ほど。奈良を旅するのは初めてでした。カメラ片手に自由気ままな一人旅。「車旅+カメラ+幕営」これが僕にとって最高のリフレッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418084945j:image

教科書では何度も見た著名な仏師によるものがあちらこちらに。実物の凄まじい存在感に圧倒されっぱなし。

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085144j:image

広目天。勉強しろよーって怒られてる気がしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085235j:image

 

このとなりにはいよいよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085306j:image

あえて後ろから撮影。デカすぎます。

盧遮那仏。奈良時代の技術者って凄いですよね。重機なんてなんもない時代。すべて人の手。何万人もの人が携わった仕上げの開眼式なんてどんな緊張感だったんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085533j:image

東大寺に来て良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085629j:image

奈良公園を散策して行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085702j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085741j:image

木津川のほとりにある笠置キャンプ場に幕営しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085935j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418085957j:image

雨の朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090019j:image

旅は曽爾高原を経由して帰ります。雨止まないかと待っていると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090150j:image

止みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090216j:image

レッツゴー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090249j:image

曽爾村に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090334j:image

曽爾高原到着。

すっかり晴れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090412j:image

爽やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090434j:image

ちょっとした山歩き気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090505j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090529j:image

奈良の山。古えの風景を感じますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090607j:image

そろそろ下りようかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090639j:image

こじんまりした盆地のような、山のような、爽やかな草原でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090727j:image

奈良から三重を抜けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090805j:image

汽車の写真なぞ撮りながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180418090849j:image

のんびりと岐阜に帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

クォーレと御座松

f:id:niwacamp:20180412162835j:image

最近行ったキャンプその一、岐阜県加茂郡白川町にあるクォーレの里です。久しぶりにピルツ7でのソロでした。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163053j:image

A4くんが最近一番のお気に入りになってます。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412202219j:image

ホイル焼き。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412205948j:image

なんかダサいけど近頃ヘルシー志向。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412210021j:image

細く長くキャンプを趣味として続けて行きたいので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412210132j:image

朝は粗食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163204j:image

このヘリノックスのシートウォーマー。個人的にはあまり暖かさは感じないんですが皆さんどうですか。。色が好きなだけで使ってますが。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412210436j:image

完ソロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163405j:image

そしてつい最近行ったのがこちら。長野県の御座松です。無料でした。桜が綺麗ですね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163532j:image

龍くんとデュオキャンプ。ダブルパンダtcです。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412201212j:image

龍くんソロストーブを新調しておりました。

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412201716j:image

夜。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163742j:image

私の夜のサイトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163825j:image

今回もA4くん。無骨な雰囲気、好きです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163857j:image

夜のランタン。

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412200922j:image

こちら龍くんのサイト。スノピの焚き火台S、凄い火柱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412163940j:image

ししゃも焼いたり

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412164012j:image

おでん頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412202048j:image

朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180412164043j:image

良いですな。パンダtc。快適過ぎます。ではまた…。

年越しソロ&新年初キャン。

f:id:niwacamp:20180103203802j:plain

平成29年の大晦日のソロキャンプ。雪の南信州へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203809j:plain

気温は零下。心は踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203815j:plain

今夜は初めてポンチョに泊まります。デイでは何度か使ってきましたが。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204411j:plain

ポンチョ&薪ストで年越しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203827j:plain

夜になって気温もさらに下がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203821j:plain

でも中はぬくぬく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203923j:plain

朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203910j:plain

凛とした冷たい空気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203855j:plain

年越しそばを昨日食べ損ねたの頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204013j:plain

天ぷらそばです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103203900j:plain

年越し雪中ソロキャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204027j:plain

満足です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204052j:plain

1月2日。ふもとっぱら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204106j:plain

秋に駒ケ根でキャンプに誘った友人。なんと彼、ソロキャン道具を一式取り揃えてました。今回でキャンプ3回目だそうです。でも、シュラフは夏用。え、だいじょぶか。彼は秘策があるから大丈夫とのこと。よくわからなかったけど念のためモンベルのバロウバック#0をひとつ貸しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204114j:plain

友人のテント前で焚火しながらの晩餐。楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204126j:plain

左が友人のドッペル。右が私の幕です。満月、富士山、オリオン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204156j:plain

朝。富士山の肩ほどに太陽の光。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204205j:plain

日の出。そういえばぼくにとってはこれが今年の初日の出だ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204224j:plain

焚火始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204227j:plain

絶景の朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204236j:plain

フレッシュ卵で目玉焼き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204250j:plain

友人が朝カレーを作ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204305j:plain

結構な風出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204315j:plain

軍幕で間に合わせの風防兼リフレクター設置しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204346j:plain

友人との今年初キャンプ。楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20180103204357j:plain

やっぱり富士山は綺麗ですね。ではまた!

 

 

 

 

年越し雪中ソロ、動画作りました。よかったら見てやってください。

 

 


初めての年越し雪中ポンチョ泊

 

 

 

 

 

サーカスTC×薪ストーブでソロキャンプ

f:id:niwacamp:20171117132440j:plain

秋も深まって朝晩はだいぶ冷え込んで参りました。

 

今回は最近お友達になった岐阜県東濃の山奥にお住まい方の敷地にお邪魔してのソロキャンプです。広大な敷地には小川が流れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117133159j:plain

御自宅に本格的にキャンプできる場所があるなんて羨ましい限りです。敷地からは東濃の名山「笠置山」が一望できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117135709j:plain

今日は天幕に笑’sの薪ストーブ「焚き火の箱 Easy neo」をインストールしました。予報では明日の朝は5度とそんなに寒いわけじゃないですけど...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117135936j:plain

サーカスTCに煙突はよく似合ってます。煙突は神保製作所の直径80ミリを5本継いでます。煙突トップもそこで買いました。

www.maki-stove.jp

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117140445j:plain

煙突ガードはグリーンライフのクローム煙突ガードショートです。どこかで見たことあるような巻きつけてある耐火布はもちろん御存知、モノラル焚き火台の使い古しです。この布の上で焚き火していたわけですから耐火性能はよく知っています。真ん中が切れてきて新しいのと交換になったものをとっておきました。針金を耐火布にくぐらせて煙突ガードに巻いて固定しました。雨も降って来ましたが一晩使ってまったく問題ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117141213j:plain

煙突トップにはとくに網とか火の粉が散らないようにする仕掛けはしてません。空洞のまんまです。焚き火の箱にあるバッファプレートがいい仕事をしてくれるので全く問題ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117141800j:plain

一晩分の小割り薪を準備していざ宴会スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117141729j:plain

久しぶりに買ってみました「金麦」で乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142150j:plain

居酒屋サーカスの今宵の一品目はしめサバ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142253j:plain

サーカスの幕色にはランタンの灯りがよく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142430j:plain

薪ストーブに火が入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142521j:plain

二品目はハーブフランク。ストーブの上にスキレットを置いて温めておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142627j:plain

この雰囲気がたまらんですよね。薪ストーブはテンマクデザインのローテーブルに防炎布を敷いた上に設置してます。ワイヤー3本で煙突を固定してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142843j:plain

続いておでん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117142919j:plain

幕の中で焚き火してるようなものですよね。煙突のドラフト効果を利用して煙を外に排出しながら焚き火をしながら幕内宴会。ソロキャンプの真骨頂は寒い時期にあるというのは本当ですね。そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117143150j:plain

サーカスTCシェラカップで白ワインを頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117143248j:plain

スキレットでチキン料理。ミニトマトの酸味と鳥の胸肉クリーム煮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117143404j:plain

夜22時。外はだいぶ寒いです。満天の星空。しばし夜空を観察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117143555j:plain

ここ数日の間、流星群が来ているとは聴いていましたが見れるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117143816j:plain

幕内に戻ってDVD観賞。日付が変わるころに就寝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117143925j:plain

今夜は暖かくしてくれてありがとう。明日もよろしく。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144026j:plain

では、おやすみなさい。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144116j:plain

煙突ガードの隙間に青空が見えた朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144233j:plain

けっこう寝てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144309j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144354j:plain

朝珈琲します。

今日の豆はスタバのクリスマスブレンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144518j:plain

薪ストーブに火を入れてのんびりと湯を沸かします。余談ですが朝露に濡れた天幕を薪ストーブはじんわりと乾かしてくれて助かります。普段はお日様任せで帰宅してからまた乾かしてますから…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144558j:plain

寒い朝の珈琲はいいですね。ホッとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144713j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144749j:plain

朝の天幕観察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144837j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117144908j:plain

前回は無印で乗鞍岳とサーカスTCのツーショットだったけど今回は笠置山との山コラボ写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117145303j:plain

朝食は薪ストーブの上にスキレットで...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117145142j:plain

ちっちゃいピザを焼きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117145355j:plain

大満足なソロキャンプでした。楽しかった。また来させて頂こう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171117145501j:plain

「サーカスTC×薪ストーブでソロキャンプ」おしまい。。

 

 

 Youtubeたま~にアップしております。良かったらチャンネル登録お願いします!(^^)!

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南乗鞍無印良品キャンプ場 2017秋のソロキャンプ

f:id:niwacamp:20171013193109j:plain

今月15日で今シーズンの営業が終わる南乗鞍。今年は3回来れました。

 

今日はとても濃い霧に包まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193135j:plain

いつものB22サイトに設営完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193127j:plain

視界10メートルちょっとでしょうか。目の前にあるはずの池が見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193145j:plain

ソロは久しぶり。B22はファミリーには狭すぎるけど、ソロにはベストサイズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193117j:plain

椅子を中心にこじんまりと配置。ぜんぶ手に届く位置にあるってのは楽ちんです。テンマクのローテーブルは脚をカットしてさらに低くしてあります。焚き火台は今回もファイアボックス。コンパクトなわりに火力が強いし調理に焚き火に実用度の高さが気に入って一番愛用してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193226j:plain

モーラナイフでフェザー作ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193235j:plain

4つ作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193248j:plain

手っ取り早くマッチで着火です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193259j:plain

最初は焚きつけの細い杉で行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193541j:plain

すぐに火が安定するのがファイアボックスのいいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193158j:plain

最初はラジオ聴いてましたが....

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193208j:plain

しばらくして音楽に変えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193314j:plain

トランギアセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193344j:plain

100円スキレットで焼き肉開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193354j:plain

焼きシューマイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193401j:plain

なにを作ったか忘れました...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193423j:plain

標高1600メートルの夜。お一人様宴は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193459j:plain

ひさしぶりにこれ呑みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193517j:plain

どぼどぼどぼ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193533j:plain

この雰囲気。たまらんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013200921j:plain

ブルージャイアントというジャズの漫画を10巻まで読みふけりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193433j:plain

23時の〆うどん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193440j:plain

三河の味噌見込みおでんに麺を投入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193447j:plain

どて煮のようなこってり感が旨いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193552j:plain

BE-PAL最新号読みつつ就寝。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193558j:plain

朝5時。

テントを叩きつける雨音で目が覚めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013203618j:plain

テントの中だけ撤収準備しときます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193606j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193616j:plain

では外へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193629j:plain

わお。水浸し。

ファイアボックスを嵩上げしておいてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193820j:plain

池の水面をご覧頂ければ....結構降ってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193638j:plain

とりあえず火入れをしてから。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193647j:plain

BE-PALの付録が熱かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193654j:plain

これなかなか使えるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193709j:plain

トランギアセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193701j:plain

ご飯炊きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193729j:plain

焚き火開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193740j:plain

ししゃも焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193747j:plain

ご飯炊けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193804j:plain

たまには和食もいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193814j:plain

そろそろ撤収します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193828j:plain

ここはやっぱり最高の野遊び場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193837j:plain

撤収を終えて事務所へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193846j:plain

今シーズンも楽しませて頂きました。また来年もよろしくです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193908j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193902j:plain

帰るころに雨が上がるというパターンですね。よくある...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193926j:plain

子の原高原の秋も深まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193941j:plain

高根の里の秋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20171013193947j:plain

秋神ダムも日本画のような静けさです。とても楽しい1泊県内旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南乗鞍キャンプ2017夏

 

f:id:niwacamp:20170829063147j:plain

8月27日。八千穂高原に続き再び長女を誘って無印の南乗鞍キャンプ場へ向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063241j:plain

子ノ原高原のあちらこちらでコオニユリが咲いていた。ムカゴがついてなかったのでたぶんオニユリじゃなくてコオニユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063853j:plain

晩夏、鈴虫(まつむし)が鳴くころに咲くことでマツムシソウ。標高1550mのキャンプ場周辺はもう秋の気配。朝は15度前後と肌寒い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063902j:plain

夏の入道雲から秋の羊雲へ季節は移って行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063233j:plain

着いたころ、乗鞍岳は雲の中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063226j:plain

受付をしにセンターハウスへ行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063154j:plain

南の方はまだ夏の雲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063221j:plain

このキャンプ場は県内でも断トツの敷地面積。広大だ。

一番好きなキャンプ場はどこかと聞かれたら迷うことなくここ。

 

それもBサイト。広い空の解放感と気持ちの良い緑の地面、点在する白樺。なにより池が目の前。

 

今日はB22を予約してある。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063213j:plain

遊び道具からキャンプ道具、無印食品。売店も楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063206j:plain

シェルフコンテナ25。惚れたのでつい買ってしまった。次回から使おうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063200j:plain

朝8時から夜7時まで風呂に入れる。天気がよければ御嶽山を眺めながら入れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063915j:plain

今月中旬、MTBコースに小熊がいたらしい。

ツキノワグマの生息地域だから目撃するのは当たり前かもしれない。食糧やゴミの管理には気をつけようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064153j:plain

池周辺をしばし散策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064233j:plain

今度来るときはロッドを持って来ようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063249j:plain

池を一周してきた。白樺がきれいだ。手前からBの19番、20番、21番と備え付けの焚き火台が見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063927j:plain

Bサイトはほとんど空いていた。日月利用だからかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063937j:plain

B23。今日はその隣の22番にお邪魔します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063307j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063313j:plain

設営の間、長女には池を眺めてぼーっとしてもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063321j:plain

今日は新幕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063403j:plain

幕を張ったら中に荷物をどんどん搬入。長女にもう少し待ってねと言ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063331j:plain

シャボン玉で遊んでいたので一安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063354j:plain

新幕落成記念乾杯の儀。

テンマクデザインのワークテーブルS、脚はロースタイルにちょうどいいくらいにカットしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063338j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063438j:plain

さっそく晩御飯の仕度。

米を炊く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063446j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063453j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063503j:plain

ぐつぐつと沸騰した湯の中で20分待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063432j:plain

長女はテントの中でテントの絵を描いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063510j:plain

ふかふかになった。10分むらしてる間にオカズをば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063518j:plain

鯖の味噌煮缶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063535j:plain

チーズ乗っけてあっためただけで旨さ倍増。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063527j:plain

米もOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063425j:plain

陽も暮れてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063545j:plain

トランギア焼き肉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063554j:plain

なんでも美味いように感じてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063602j:plain

食後。長女はペンタの中で映画鑑賞タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063612j:plain

親父は呑んだくれjazzタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063622j:plain

長女就寝。親父は夜中まで呑んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063631j:plain

朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063639j:plain

とりあえず珈琲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063658j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063706j:plain

お、今朝は乗鞍さん見えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063717j:plain

こうして見るとまさに漢字の「山」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063725j:plain

たしか乗鞍って3000ちょっとあったよな~。たっかいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063755j:plain

朝の散歩に池一周して来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063741j:plain

スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063735j:plain

このB22サイトは少し狭いけどサーカスtcには丁度良い広さかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063417j:plain

朝マヅメ狙いのフライフィッシャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064145j:plain

対岸まで来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064243j:plain

もうちょいで帰幕。そろそろ長女も起きてるころだろう...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063802j:plain

寝てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064118j:plain

暇だ。焚き火でもしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064013j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063943j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063835j:plain

9時。暇だ。ウクレレでも弾くか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064128j:plain

お。起きたような気配が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063843j:plain

ふあ~とか言っている。しっかしよう寝たな~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063948j:plain

朝飯はまたこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829063953j:plain

具。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064004j:plain

完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064251j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064023j:plain

続きまして...食パンに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064034j:plain

溶けたクーリッシュを少し浸してフライパンで焼くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064046j:plain

もっちり風フレンチトースト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064100j:plain

どばっと浸すと失敗しますんで適量で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064106j:plain

シナモン忘れた。

頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064135j:plain

11時。そろそろ撤収開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064309j:plain

長女には池を見てボーっとして待っててもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829064301j:plain

幕やシュラフ、コンテナ、チェア、テーブル以外の小物はトランク下収納へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829100935j:plain

撤収完了。たそがれタイムに合流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829100929j:plain

いつ来ても素晴らしいキャンプ場だ。

今シーズンも10月半ばまでの営業。

 

あと一回来れるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

~「南乗鞍キャンプ2017夏」完~

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170829101747j:plain

 

 

 

八千穂高原駒出池キャンプ場

f:id:niwacamp:20170808104034j:plain

小雨が降る国道299号。

通称「メルヘンロード」を茅野から佐久穂町へ向けて走った。

ここには昨年11月8日。忘れもしないアメリカ大統領選挙の日。

初雪の降った八ヶ岳山麓

日本最高所野天湯を訪ねたのと同じ道。

 

 

 

 

 


八ヶ岳秘湯の旅&千代田湖でソロキャンプ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104740j:plain

八千穂高原。

去年は秋の装いの橙色一色だったカラマツも真夏の緑だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104052j:plain

今日は5歳になった長女を初めてキャンプに誘った。

親父と二人の親娘キャンプ。

向かったのは八千穂高原にある駒出池キャンプ場。

真夏でも涼しく、この日も24度と過ごしやすかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104531j:plain

到着したころには雨が一旦止んで駒出池には日が差し込んでいた。

 

この爽やかさは高原キャンプでしか味わえない。

 

やっぱり来てよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104712j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104606j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104556j:plain

湧水の池。綺麗だ。

 

対岸にムササビを張った。

この辺り一帯は白樺林が見事。

 

ここより少し上にある八千穂レイクあたりは日本一の白樺群生地らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104726j:plain

雨が降ったり止んだりしていたのでムササビの下にオガワのHozを設営した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104145j:plain

しばらくして夕立。けっこう強く降ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104135j:plain

ポールに滴っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104200j:plain

ムササビ党は雨も歓迎。

 

雨の中、タープ下での焚き火もいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104114j:plain

今日は久しぶりにユニの焚き火台。

 

熾きが出来てしまえばほっておいても火が消えない。

 

 

なんやかんや言ってもこれが一番扱いやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104209j:plain

雨があがった。夕暮れ時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104223j:plain

 ランタン、ほおずき、焚き火。

暖色の明かり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104232j:plain

夕暮れからがキャンプの楽しい時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104242j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104314j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104325j:plain

呑みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104301j:plain

〆サバ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104340j:plain

対岸では花火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104350j:plain

親娘で映画鑑賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104359j:plain

朝5時前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104410j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104427j:plain

徐々に日が上がり始め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808142947j:plain

朝6時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104458j:plain

珈琲時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104620j:plain

娘も起きてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104628j:plain

娘の朝飯は茹でトウモロコシとクラッカーとりんごジュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104719j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104701j:plain

自作ウクレレをひとしきり弾いてぼちぼち撤収します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104444j:plain

いいところだったな。

 

 

名残惜しいけど撤収開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104733j:plain

積み込み完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104812j:plain

ビーナスライン経由で帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104834j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104839j:plain

車山に寄ったけどガス一色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104843j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104847j:plain

天気のいい日にまた来よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104800j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170808104805j:plain

初めての娘と二人旅。

 

楽しい信州旅でした。

 

 

 

ほったらかしキャンプ場

 

f:id:niwacamp:20170801160313j:plain

山梨で人気の「ほったらかしキャンプ場」に家族で行って来ました。

 

絶景で有名なほったらかし温泉と同じく絶景、富士山を眺めながらのキャンプ。

曇りのち雨予報の中、はたして富士山は拝めたのでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101425j:plain

今にも降り出しそうな空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101446j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101410j:plain

温泉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101342j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101330j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101313j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101303j:plain

キャンプ場ゲート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101108j:plain

焚き火場ー(bar)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101121j:plain

 

絶景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101153j:plain

 

トイレ。まったく無臭で綺麗だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101138j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101249j:plain

手作り感がいい感じの受付、アジア雑貨屋さん、焚き火場ー、手前緑の小屋はトイレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101217j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101054j:plain

緑小屋を越えてまっすぐ行くとすぐにある区画サイト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101031j:plain

 

はなれサイトの水場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101041j:plain

はなれサイトのトイレも綺麗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101519j:plain

はなれ上サイトに設営。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801100841j:plain

テントの中からも夜景が見れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801100827j:plain

絶景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801100924j:plain

家族就寝して一人呑み開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101016j:plain

これは酔える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101000j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801100943j:plain

ぼけぼけ写真ですみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝。

うっすらとした富士山のシルエットが。

 

 

f:id:niwacamp:20170801160251j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101758j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101804j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101656j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101642j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101609j:plain

朝ごはんは棒らーめんを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101539j:plain

家族にはパンとコーンポタージュを提供。おやじはらーめん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101558j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101729j:plain絶景朝珈琲時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801101746j:plain

ほったらかし、最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:niwacamp:20170801131317j:plain