読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ、庭キャンプ。

行ってみたい風景。ソロ・家族キャンプの記録。

信州八ヶ岳秘湯の旅&千代田湖ソロキャンプ

長野県の山々に初冠雪を記録した11月9日。八ヶ岳連峰の中腹に位置する硫黄岳の谷合、本沢(ほんさわ)温泉に行って来ました。ここは日本最高所の野天湯として有名。海抜2150m、硫黄岳の深い谷に白濁した湯をたたえた湯船がぽつんとありました。

 

 

f:id:niwacamp:20161112084811j:plain

 

続きを読む

ソロキャンプとの出会い

今日は私がソロキャンプに「はまった」きっかけを書こうかと思います。一番最初に見たのはこのサイトでした。

hokkaido1roadster.jimdo.com

 

愛車にキャンプ道具一式を積んで北海道を旅する、素敵だなと思ったのが今のスタイルに繋がっています。雄大な景観の中を疾走する深緑色のロードスター。夜の闇にほんのり明るいピルツ7。私が一番最初に手に入れたテントはもちろんピルツ7でした。もうすでに廃番となっていてなかなかすぐには入手できずやっとオークションで落札したものでした。

 

f:id:niwacamp:20160722084218j:plain

今までの私のキャンプのほとんどもこのテントを使って野営してきました。ソロには狭すぎず広すぎずちょうど良いし耐久性も良いです。ただ夏場は思ったよりも風通しがないので暑いという弱点もあります。

 

 

 

 

湖のほとりで使っても絵になります。

f:id:niwacamp:20160826110321j:plain

 

 

 

 

 

 

夜のやわらかい明かりも似合います。

f:id:niwacamp:20160728222705j:plain

 

 

 

 

 

その次に出会ってしまったブログがこちらでした。キャンプのお手本、というか憧れの存在です。

natunatu.naturum.ne.jp

 

自分の中で勝手に師匠にしてます(爆)。

どんだけ道具持っとんじゃいと言いたくなるくらい欲しいものの端から端まで揃ってる人です。ソロキャンパーの中でも相当有名な方なんじゃないでしょうか。natunatuさんの持っている道具を見ていいなと思ったものを買える範囲で厳選して揃えてきたのが今の私のキャンプ道具です。それでも相当な散財しました。理想は四季それぞれに3つか4つぐらいの設営パターンを持てればいいかなと思っています。今のところ2パターンです。natunatuさんの動画は全部片っ端から何回も見てます。何度見ても面白いのが不思議です。いつかお会いしてみたいなと夢想する日々。楽しみがあるっていうのはほんとに幸せですね。

 

 

 

 

 

 

世界遺産でソロキャンプ

1995年に世界遺産登録された富山県五箇山相倉集落。ここにはワンコイン500円で利用できる素晴らしいキャンプ場があります。日本の原風景、相倉集落の静かな空気に包まれてぽつんとある野営地に行って参りました。

 

f:id:niwacamp:20161009171702j:plain

 

続きを読む

千代田湖で焚き火

長野県伊那市高遠町にある千代田湖。ここはnatunatuさんの動画を何度も拝見していつかは行ってみたいと思っていた場所です。本当に素晴らしいロケーションでした。みなさんがよく仰るようになぜ湖畔が無料で林間が有料なのか・・という疑問を僕も感じた次第です。今回はあまり時間がなかったので日帰りで焚き火を楽しんで参りました。

 

f:id:niwacamp:20161001223503j:plain

 

続きを読む
広告を非表示にする

南乗鞍無印良品キャンプ場

ずっと来てみたかったキャンプ場のひとつ、南乗鞍無印良品キャンプ場にやっと行くことが出来ました。2泊3日のうち初日だけ快晴。残り二日間は豪雨。色んな体験をさせてもらったキャンプになりました。初日には満天の星空が拝めました。

f:id:niwacamp:20160930073812j:plain

 

続きを読む

南信州売木村でキャンプ

南信州の谷合の集落、売木村にある「うるぎ星の森オートキャンプ場」に友人一家とキャンプして来ました。キャンプ場の標高は1200m前後。このキャンプ場は我が家のような幼児のいる家族キャンプには最適だと思います。広場サイトを利用すれば子どもがどこにいても目が届きます。オートサイトもあるけど広場サイトも実は設営場所のすぐ後ろに駐車できるのでオートサイトとほとんど変わらない上に2000円近く安い。親父ひとりのソロキャンプには野趣が全くないので向きませんが…。

 

売木は明治から昭和にかけて木材・木炭で栄えた林業地帯だったそうです。今は人口600人の静かな村です。満天の星空を見上げることができるキャンプ場が平谷村売木村に点在しています。

f:id:niwacamp:20160930073616j:plain

 

続きを読む

ほおずき&たねほおずき

漆黒の野営地には欠かせない道具、灯り。ひとりの夜、ソロキャンプにはほんのりのとした灯を求めてきました。家族や友人とキャンプするときはコールマンのケロシンランタン「639C」を持って行きます。

 

今回はソロキャンプで愛用している灯道具、「ほおずき」を記事にしてみたいと思います。ほとんどのソロキャンパーが持っているのではないでしょうか。それぐらいメジャーなLEDランタンですがあえて自分なりの使ってきた感想を書きたいと思います。

 

f:id:niwacamp:20160919161931j:plain

 

 

 

 

 

続きを読む